ぐーてーんもーげーん♪

ゲームとか本とか音楽とか切り絵とか趣味とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

同人ゲーム あやめもしらず 感想

なんかフリーでボイスなし版が配信されていたのでプレイ。

雰囲気ふんわり中身もふんわりでした。
一応ゆりげーではあるもののそこまでがっつりした描写はなし。
手をつなぐとか、軽くキスするくらい。

ストーリーは陸上部でふんわりした主人公が、ナルコレプシーな後輩の女の子と付き合うというお話。
主人公の周りのみと小さくまとまったお話の割には、キャラクターは男も含め結構な人数が登場する。
がまあ序盤にキャラが出きってしまうためそこまで多くは感じない。
主人公以外のキャラの精神年齢が高めで、なんかしっかり考え持ってるんだなーという感じ。
まあきっと制作のコンセプトで一人ひとりの役割とか顕すモノが決まっていて、それに従わせて動かしているみたいな感じがするので、精神年齢が高く見えるのかもとは思う。

ボイスなしという事と、1クリックあたりの文章量の少なさ、テキストのふんわり感によりサクサク読み進めることができました。
ただボイスあり版が今後フリーでなくても、配信されるならボイスありでもう一度やりたいですね。
特にメイや先輩あたりのセリフはボイスがあったらさらにニュアンスが伝わりやすいんだろうなと感じました。


これ以降はがっつりネタバレ?



ストーリーの中身としては、まあ5章のなんかありそうで結局何でもなかった感はしてやられましたね。
かえでちゃんがいきなり海を見たいとか言い出した上、突然いなくなるとか、ああようやくなんかそれまでの章で意味ありげに伏線ぽっくかかれてたものを一気に回収していくのかな、とワクワクしたのですがまあただの伏線っぽいものでしてやられました。
いやかえでちゃんいなくなったあとの、誘拐のニュースがどうのこうのは完全にいらなかったかな。
あれが入ったことで、大した事件じゃないんだなってことが分かっちゃうし、ネタバレはもうちょい後でもよかった気もする。
別に大した事件じゃなかったことはいいんだけど、もうちょっとだけ何かあるんじゃないかっていうワクワク感を味わいたかったなあといったところ。

あとは若干心理描写やそこに至るまでの経緯の描写が少ないといった印象はある。
このゲームはけやきちゃん視点ですべてのテキストがかかれていて、わざとぼかしているとこはいい。
がそういうところとは別にん?と思うところはいくつかあった。

最後の方でよーこちゃんがなぜかメタ的視点を持っていたけど、彼女が言った通り終わるのが少しさびしいなと思わせるようなゲームになっていてよかった。

眠くて適当だけどさらっと感じたのはこんな感じ。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/30(木) 00:25:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ダブルフリーパ

ダブルフリーで回してたやつ。
原型はクリスマスで回してたパーティーだが、変更がいくつかとメガ枠2体の感想とかその辺を入れたい。


ポケモン 持ち物 技1 技2 技3 技4 特性
ユキノオー ユキノオナイト ふぶき まもる こおりのつぶて エナジーボール ゆきふらし
クチート クチートナイト アイアンヘッド じゃれつく まもる ふいうち いかく(ちからもち)
ホワイトキュレム こだわりメガネ ふぶき りゅうせいぐん りゅうのはどう クロスフレイム ターボフレイズ
カイオーガ こだわりスカーフ ハイドロポンプ しおふき かみなり ふぶき あめふらし
ゼクロム とつげきチョッキ らいげき いわなだれ ドラゴンクロー げきりん テラボルテージ
ホウオウ オボンのみ せいなるほのお みがわり ブレイブバード まもる プレッシャー


見て分かる通り、伝説4に通常メガを2体入れる構成。
メガ枠2体は片方がユキノオーだからこそといった感じはある。


ユキノオー
冷静HABCDS
実数値1971129515810658
メガ数値19715212520212631
努力値2520025240

一般メガ枠1
特に調整先は考えずにぶっぱ。
天候を取る役割を考えると冷静でCに振るよりも、生意気にして耐久調整する方がいいかもしれない。
ただメガノオーのふぶきの火力は対伝説でも充分やっていける火力はある。
耐久に調整する場合、後述する運用の仕方を考えると、メガの種族値よりもメガ無しの種族値で調整した方が運用しやすい。

攻撃
ポケモンHD割合確定数
カイオーガエナジーボール176160
57.9~69.3%
72.7~86.3%
確定2発
ギラティナアナザーふぶき(ダブル)257189
30.3~35.7%
52.1~61.4%
乱数3発
確定2発
ディアルガふぶき(ダブル)207121
29.4~35.2%
36.7~43.9%
乱数3発
確定3発
ミュウツーふぶき(ダブル)182110
36.8~43.4%
46.1~54.9%
確定3発
乱数2発
アルセウスふぶき(ダブル)227141
22.9~27.7%
29.5~34.8%
乱数4発
乱数3発


運用
天候を取る、といった面ではこのポケモンに勝るポケモンはいないように思える。
Sが遅くかつ、通常の特性もゆきふらし、メガ後の特性もゆきふらしであるため、相手はそうそう簡単に天候を取ることができない。
特にホワイトキュレムのふぶきがダメージソースの一つであるパーティーでは、相手に天候を変えられない、かなり自由なタイミングで天候を変えることができるという能力は非常に強力である。
さらにこのパーティーではカイオーガも入っており、雨下でノオーキュレムが並ぶこともある。
こういった場合でもメガ進化することによって、ターン数をかけず両吹雪で攻撃できる。
このような運用をするため、ノオーキュレムの並びで攻撃に転じるタイミングでメガ進化することになる。
これを言い換えると、特定の条件がそろわなければメガ進化しないとなる。
そのため、メガ進化しなければならないクチートと両方選出することもかなり多い。
またキュレムのふぶきで攻撃に転じるタイミングまで残しておきたいポケモンでもあるので、キュレムが横にいないときの攻撃は慎重に行い、どうすればユキノオーを残しておけるかを常に考える必要がある。


クチート
勇敢HABCDS
実数値157150
105757649
メガ数値1571721457511649
努力値2522520040

一般メガ枠2
S種族値50なので勇敢で運用。
が鉄球最遅90族のS実数値は42なので鉄球もちにはトリル下で抜かれる。
最遅ユキノオーがS58なので、意地っ張りにしてS59、最遅バンギ抜きでS60まで上げてもいいのかも。
伝説解禁戦のバンギが最遅多いか少ないかどうだったかどうか忘れてしまった。

攻撃
ポケモンHB割合確定数
カイオーガふいうち20711045.8~54.1%乱数2発(48.4%)
ミュウツーふいうち181110104.9~123.7%確定1発
ミュウツーじゃれつく18111087.3~102.7%乱数1発(18.8%)
メガミュウツーXふいうち18212047.2~56%乱数2発(78.5%)
ギラティナアナザーじゃれつく25714196.4~114.3%乱数1発(81.3%)
ゼルネアスアイアンヘッド202115133.6~158.4%確定1発
ゼルネアスじゃれつく202115100~117.8%確定1発
ディアルガじゃれつく20714159.9~71%確定2発
アルセウスノーマルじゃれつく22714055.5~65.1%確定2発
ルギアふいうち21315164.7~76.9%確定2発


防御
ポケモン攻撃持ち物ランク割合確定数
ゼルネアス183なし0ムーンフォース
54.1~64.3%
35.6~42%
確定2発
確定3発
ゼルネアス183なし0マジカルシャイン(ダブル)
34.3~40.1%
22.2~26.7%
確定3発
ディアルガ202なし0ラスターカノン
76.4~90.4%
50.3~59.8%
確定2発
グラードン222こだわりはちまき-1じしん(ダブル)
112.1~133.7%
81.5~96.8%
確定1発
確定2発
アルセウス189なし+1しんそく
38.2~45.2%
28~33.1%
確定3発
確定4発
カイオーガ202なし0しおふき(雨、威力81)77~91.7%確定2発
ミュウツー206なし0かえんほうしゃ
117.1~138.8%
77.7~91.7%
確定1発
確定2発
メガミュウツーX206なし0はどうだん
78.3~92.3%
51.5~61.1%
確定2発
ホウオウ200なし-1せいなるほのお
91.7~108.2%
66.2~80.2%
乱数2発(50%)
確定2発


運用
ユキノオーが条件次第でメガ進化するポケモンであるのに対し、メガ進化必須のポケモン。
対伝説に対して攻撃面でとんでもなく優秀。
じゃれつくでドラゴン伝説とダークライ、イベルタルを潰し、不意打ちでエスパー伝説組を潰し、カイオーガの潮吹きの火力を下げ、アイアンヘッドでゼネルアスを潰すことができる。
耐久面もタイプのみを見れば優秀で、特にドラゴン無効は圧倒的。
だがドラゴンに対するドラゴンを受けに出て行こうとすると、ムーンフォースやマジカルシャインが飛んできたりする。
メガ前の耐久はとんでもなく低く、上の表のとおりメガ進化しても、ゼルネアスのムーンフォースをもう一撃受けると最悪落ちるので注意して後出ししたい。
このパーティーだと横にカイオーガがおいて選出することが多い。
すると相手はカイオーガを優先的に落としてこようとするので、メガクチートに対する警戒が非常に薄くなりうごきやすい。



ホワイトキュレム

おくびょうHABCDS
実数値201112110222120161
努力値4002520252

S95の種族値なので臆病で使用。
流星群の火力が下がってしまったため、眼鏡をかけてもH252ディアルガを確定1発にできなくなってしまった。
とはいってもかなりの確率で倒せる。
それに対し吹雪の火力は下がってしまったものの、横のユキノオーがとんでもなく強化されたので数値以外のところはかなり使いやすい。

攻撃
ポケモンHD割合確定数
ディアルガりゅうせいぐん20712197.5~114..9%乱数1発(87.5%)
ディアルガふぶき(ダブル)20712161.3~72.9%確定2発
ギラティナアナザーりゅうせいぐん257189100.3~119%確定1発
ギラティナアナザーふぶき(ダブル)25718963.8~75.4%確定2発
アルセウスりゅうせいぐん22714151.5~60.7%-
アルセウスふぶき(ダブル)22714143.6~51.5%乱数2発(6.6%)
ゼルネアスふぶき(ダブル)20211858.4~68.8%確定2発
ルギアりゅうせいぐん21322651.1~60.5%-
ルギアふぶき(ダブル)21322664.7~76.9%確定2発
ギルガルドクロスフレイム16717187.4~104.1%乱数1発(25%)
ヒードランクロスフレイム19812750~50.9%確定2発


防御
ポケモン攻撃もちものランク割合確定数
ミュウツー206こだわりメガネ0はどうだん77.6~91.5%確定2発
バンギラス204なし0いわなだれ78.6~93.5%確定2発
ギルガルド222なし0アイアンヘッド92.5~108.4%乱数1発(43.8%)
パルキア202なし0あくうせつだん95.5~113.4%乱数1発(68.8%)
アルセウス189いのちのたま+2しんそく99.5~118.4%乱数1発(93.8%)
ゼクロム222なし0ドラゴンクロー92.5~108.4%乱数1発(43.8%)
ゼルネアス183なし0マジカルシャイン(ダブル)68.6~81.5%確定2発
イベルタル201なし0デスウイング37.8~44.7%確定3発


運用
超火力技をガンガン打っていくポケモン。
特性もかなり優秀で、頑丈とマルチスケイル、もらいび、不思議な守りも何のそので攻撃できる。
後ろにクチートを置くことによって心もちりゅうせいぐんを撃ちすくなった気がする。
りゅうはどうの威力低下がかなり痛く、以前まではりゅうせいぐんとりゅうのはどうの撃ち分けがしやすかったが、りゅうのはどうではどうしても威力不足を感じてしまいりゅうせいぐんの使用頻度が増えただけなのかもしれない。
ユキノオーの強化によってふぶき安定感はとんでもないことになっているが、ゼルネアスさんのムーンフォース1発で沈むためS上から叩かれやすくなった。
やることが単純なので書くことがない。


カイオーガ


おくびょうHABCDS
実数値176108110202160156
努力値4002520252

スカーフオーガ。
特別書くこともなし。

攻撃
ポケモンHD割合確定数
メガミュウツーYしおふき(あめ、ダブル)182140112.6~133.5%確定1発
ゼネルアスしおふき(あめ、ダブル)202118120.7~142.5%確定1発
イベルタルかみなり202118105.9~124.7%確定1発
アルセウスしおふき(あめ、ダブル)22714189.8~105.7%乱数1発(37.5%)
メガバンギラスしおふき(すなあらし、ダブル)20714187.9~104.3%乱数1発(18.8%)

耐久
ポケモン攻撃もちものランク割合確定数
ファイアロー146こだわりはちまき0ブレイブバード76.7~90.9%確定2発
メガガルーラ177なし0ふいうち
27.8~32.9%
14.2~17%
確定3発
ギルガルド222なし0かげうち26.1~31.2%確定4発
アルセウス189なし+2しんそく87.5~103.9%乱数1発(25%)
イベルタル201なし0ふいうち61.9~73.8%確定2発

運用
ユキノオーと同じく、運用に細心の注意を払うことが必要なポケモン。
特に今作は強力な先制技もちが増えて動かしにくくなったこともある。
が攻撃面の優秀さは相変わらずで、体力を減らされても最後までとっておけば何とかなる事の多いポケモン。
先発で選出した場合、1ターン目は攻撃せずに引くことが多い。
横にクチートやゼクロムなど攻撃の通しやすいポケモンを置くことになる。
そのためカイオーガを狙ってもらって交換でダメージを最小にし、厄介な相手を処理するというのが序盤の流れにしやすい。
吹雪を使うタイミングが皆無なので守るに変えると、序盤のダメージを低く抑えやすいのでスカーフ守るは通常の選択肢。


ゼクロム

ようきHABCDS
実数値176202140126120156
努力値4252000252

とつげきチョッキを持たせて突撃させるゼクロム。
元はスカーフ運用で考えていたためようきだが、とつげきチョッキの場合パルキアをドラゴンクローで確定にできる意地っ張りの方がいいかもしれない。
というか今計算した感じ乱数1発多いし意地っ張りにしてS落として耐久振りたい。

攻撃
ポケモンHB割合確定数
カイオーガらいげき207111130.4~153.6%確定1発
メガミュウツーXらいげき18212068.1~80.7%確定2発
パルキアドラゴンクロー16612091.5~109.6%乱数1発(56.3%)
メガクチートらいげき15714564.9~77%確定2発
ルギアらいげき21315193.8~110.7%乱数1発(56.3%)
ディアルガドラゴンクロー20714131.8~37.6%乱数3発(85.5%)
アルセウスらいげき22714146.2~54.6%乱数2発(58.2%)


耐久
ポケモン攻撃もちものランク割合確定数
パルキア202しらたま0あくうせつだん86.3~103.4%乱数1発(25%)
ホワイトキュレム222こだわりメガネ0ふぶき(ダブル)96.5~115.9%乱数1発(87.5%)
メガユキノオー202なし0ふぶき(ダブル)59~71.5%確定2発
ゼルネアス183なし0ムーンフォース82.9~98.8%確定2発
グラードン202なし0じしん(ダブル)69.3~82.9%確定2発
ミュウツー206こだわりメガネ0サイコブレイク71.5~84%確定2発
メガミュウツーX206なし0はどうだん29.5~35.7%乱数3発(25.6%)


運用
一発耐えて電気で潰していくポケモン。
特性が非常に優秀で以下キュレムと同文。
よく考えたらクロスフレイムを使うホワイトキュレムがいるのだし、クロスサンダー入れてもいいかもしれない。
と思ったがクロスフレイムは鋼に対してしか打たないので使用頻度が低いのであった。
パーティーの中ではクチートと似たポジションのように感じられるかもしれない。
がクチートは範囲と火力が圧倒的なので単体で潰しに行くイメージで、ゼクロムは他のポケモンの攻撃で落とし損ねたポケモンを拾っていくイメージで運用する。
カイオーガの後ろにおいておき、電磁波をさそって出すこともでき相性がいい。


ホウオウ

意地っ張りHABCDS
実数値213172126117179116
努力値2525212403644

4世代の調整のためいろいろ時代遅れそう。
というかこの調整がどんな調整かよく覚えていない。

攻撃
ポケモンHB割合確定数
メガクチートせいなるほのお15714585.3~103.1%乱数1発(12.5%)
メガミュウツーXブレイブバード182120106.5~126.3%確定1発
メガミュウツーYせいなるほのお1829059.8~70.8%確定2発
アルセウスせいなるほのお22714030.8~37%乱数3発(69.2%)
ナットレイせいなるほのお181167128.1~154.6%確定1発
ジラーチせいなるほのお20713370.5~84%確定2発
ギルガルドせいなるほのお16718862.2~75.4%確定2発
ルンパッパブレイブバード187100125.1~147.5%確定1発
グラードンせいなるほのお(はれ)20717240.5~47.8%確定3発
ゼルネアスせいなるほのお20211541.5~49.5%確定3発

耐久
ポケモン攻撃もちものランク割合確定数
バンギラス204なし0いわなだれ(ダブル)95.7~114.5%乱数1発(81.3%)
グラードン222なし0いわなだれ(ダブル)71.3~84.5%確定2発
アルセウス189いのちのたま+2しんそく82.1~97.6%確定2発
ディアルガ222こだわりメガネ0りゅうせいぐん63.8~76%-
ルンパッパ156なし0ハイドロポンプ(あめ)78.8~92.9%確定2発
ミュウツー206なし0サイコブレイク43.6~51.1%乱数2発(6.3%)
ゼルネアス183なし0ムーンフォース16.9~20.1%乱数5発

運用
鋼を焼いて格闘を潰すポケモン。
ホワイトキュレムがクロスフレイムを撃てるとはいっても、眼鏡だとどうしてもクロスフレイムを撃てない状況に陥ることも多々ある。
そういった場合にナットレイやギルガルドを焼くポケモンが必要でついでに、格闘タイプも潰す。
グラードンに対して攻撃面では弱くないとはいえ、浮いているポケモンがホウオウを抜くと居なくなってしまう、という事もある。
岩技を撃たれたりしない限りは何回か動けるので使いやすい。



全体

見て分かるように、ノオーキュレムとスカーフオーガの全体超火力で押すパーティー。

選出時に考えることは基本的に、
オーガを先にするかノオーキュレムを先にするか。
オーガの横をどのポケモンにするか。
である。
基本的にクチートを選出すれば問題ないが、一部の伝説と一般ポケモンによっては選出を見送り、ゼクロムや場合によってはノオーキュレムの形を崩し、キュレムホウオウかノオーホウオウといった形をとる場合もある。

見ればわかることだが、パーティー全体として状態異常に弱く、GSのころよりもダークホールが弱体化しているとはいえ、襷ダークライが非常につらい。
とはいえこのパーティーの軸となる4匹の持ち物を変えるのは非常につらく、残りの2匹を変えるなりしてダークホールに厚くすることが必要になってくる。
トリックルームパーティーも一般2匹が遅いポケモンだとはいえ、やはり対伝説だと不安が残る。
この点以外では今のところ特別辛い組み合わせやポケモンはおらず、非常に使いやすいパーティーである。


おわり

  1. 2014/01/18(土) 12:39:48|
  2. ダブル
  3. | コメント:0

ダブル1800のったしパーティ

ランドロス霊獣
意地っ張りスカーフ
地震、雪崩、蜻蛉、馬鹿力

馬鹿力はほとんど撃たない


ロトム水
控え目眼鏡
トリック、10万、ボルトチェンジ、ハイドロポンプ

トリックは結構楽しい


ラティオス
臆病襷
守る、流星、サイコショック、手助け

手助けラティめちゃつよい


クチート
勇敢ナイト
不意打ち、守る、アイアンヘッド、じゃれつく

ラティクチートで相手方メガルーラ(A2上昇)いた場合、大体ラティに向けて不意打ち連打してくるので、とりあえず手助け不意打ちしたり守る絡めてると、相手痺れ切らして不意打ち入る。


ハッサム
意地っ張り鉢巻
バレットパンチ、電光石火、虫食い、トンボ返り

バレパン連打。
耐久甘えたメガルーラを84.9%で2発にしたりできる。


クレセリア
臆病ラム
サイコショック、凍える風、守る、神秘

ほとんど使わない。


熱風キッスと熱風サンダーと炎のパンチメガルーラがキツイです。
  1. 2014/01/02(木) 10:28:42|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

プロフィール

ドミナ..

Author:ドミナ..
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (91)
ダブル (2)
ドラゴンクエスト (0)
プレイ状況 (0)
エロゲ (1)
切り絵 (2)
スカガレ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。